1. HOME
  2. ブログ
  3. ペンでリピーターづくり
  4. 相手から高いと言われる「2つの理由」#85

相手から高いと言われる「2つの理由」#85

こんにちは!キミクルこと、松原紀美子です。

100回連続シリーズ!
「ブログ毎日更新チャンレンジ」NO85番です~( ´ ▽ ` )ノ

がんばります〜!

 

さて。

先日、私の提供サービスの中で
MVPの店長さんと私とで
お茶をしました。

 

そのとき、

単価アップとリピート率を
あげたいと思ったとき


相手から「高い」と言われる

よくある理由ってありますか!?

 

という質問があがりました。

 

これ、実はあります。

 

高いという理由は表向きで
「わざわざ口に出しては言わないけど」
じつは…
の理由があるのです。

 

 

一つ目は

相手が過去の経験と比べて
「高い」と感じるケース。

 

だいたいこれぐらいだろうっていう
自分の経験で
話を聞いてくるので
それを超えてると
「高い」って思うのです。

 

たとえば私の場合・・・


路上で字を書いてる人に

500円で筆文字を書いてもらった
過去がある人は

10万円のロゴ依頼に対して
「高い!!」と
感じます。

 

その一方で


実際にご依頼された方が
言ってたんですが

キミクルが軽く書くから
自分も書けるかな〜と
思ってやったけど。

 

まったく書けなかった、と。

 

そうなると
ロゴを書こうとしたときの
準備や


筆を握ったときから
かけて来た修行の何百時間や


これを習得するまでに
かける金額を換算されてるのか
イメージくださるので

 

高いとかそんな話に
ならないのです。

というわけで
「高い」と言われる理由の1つは
過去の経験によるものです。

 

 

 

もう1つは、

相手が過去の支払った金額と比べて
「高い」と感じるケースもあります。

あの時より「高い!」

 

 

◼️こういう場合は
「ゆだねる」をやめて
「比較してもらう」配慮を
こちらから始めるといいですね。

 

 

単発で販売できるものや

お試しのものなど。

 

そして
喜んでチャレンジしたくなる

未来を言葉だけでなく

 

ニュースレターや
お礼状で見えるように
してあげると

 

よりあなたの配慮の気持ちが
効果的に伝わります。

 

逆に配慮をしてるのに
商品の価値が伝わらないと思う場合

相手が優先すべきことが
他にあり

あなたの商品が
現在見合っていないことが
考えられます。

 

そういうケースで
ご提案をしても

売り込まれたと思われることも
ありますので。
気をつけてくださいね!

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最新の記事