外出自粛でも在宅のお客様とつながる!
開封率100%の
3カ月ハガキタイム

お客様に「戻ってきて」と言いたいけれど…

外出自粛で、もろ手をあげて「戻ってきて」と言えない辛い時期。このままお客様が離れてしまわないか不安な方へ

なぜ、多くの「客足」が鈍るのか

それは外出自粛以外に、忘れられてしまうという問題が発生するからです。人は、非日常から日常を取り戻してく過程で、元の日常を忘れてしまうのです。

じゃ、忘れられないためにどうすればいいの?

100%開封される手紙(=ハガキ)を通じ、忘れがたいつながりを深めましょう。外出自粛後、お客様が安心して戻ってこれる準備を整えることが、理想のお店になる施策となります。

 

ハガキ書きが向いている人

ハガキ書きは

ビジネスも
プライベートも

人と根っこでつながりたい
という想いのある人の
シゴトです。




地味なシゴトですが

あとから歓びごとが
次々と追っかけてきます。




・客足を取り戻せる
・コミニケーション力UP
・デザインスキルUP
・リピート率UP




その歓びごとが実現するため
私がしっかり並走いたします。

しかし
書くのはあなた自身です。




90日後には
書くほどつながり
途端に人生が面白くなる
自分を本気で信じてください。

 具体的なスケジュール

1カ月:1通目「ねぎらい」サポートレター

外出自粛の今、セールスではなく、ねぎらいサポートに取り組みましよう。

・あなたが自然に書けるメッセージの書き方
・理想を叶えるお店の定義構築
・2通のねぎらいレターをサポートします

 

2カ月:2通目「つながり」レター

じっくり心を通わせる”つながりレター”制作をサポートします

・書いて楽しい!貰って嬉しいアイデア発想法
・送るタイミングの掴み方
・相乗効果を生みだすアイデア発想法

3カ月:リピートの「しくみ構築」

コロナ騒動に限らず、お客様がゴールデンウイークやお盆など日常を離れ、そして日常に戻るときに「また来たい」につながる仕組み構築。

・2種類のしくみ構築法

 受けられるサポート内容 

(1)初回120分ヒヤリング

まずは、あなたの魅力や手書きのクセなど理解させていただき、あなたがお客様とつながる提案の準備をさせていただきます。

(2)全体会議(月1回60分)

毎月1回60分の会議を行います。

書いたハガキの反応や内容を分析し、次回のハガキに生かします。なお、
お申込みのあなた以外に、いっしょにハガキタイムを行う広報の方・スタッフの方がいる場合は、会議もご一緒に参加することも可能です(上限5名様まで)

(3)実践レッスンタイム(月1回/120分)

毎月1回120分の実践レッスンを行います。あなたの書きたいハガキの見本を、ライブ式で提案していきます。それ書きたい!が見つかったら、スターとです。その時間内で、デザインなど完成させます。

 

習うより、使っていきましょう!

(4)道具選びや印刷など技術指導

あなたの字のクセや描きたいものから、使いやすい道具をご案内したり、印刷など使う場合は、気をつける点などの技術指導を行います

(5)リピートの仕組み構築指導

リピーター創出には、種類があります。あなたの職種で、効果的なリピートの仕組み構築を指導します。

ハガキタイムに参加すると

☑ 手書きスキルUPします
人から喜びの声が集まります

日々穏やかになります
創作アイデアが浮かぶ自分になります
いつでも書ける自分になれます
一生づきあいのお客様とのつながりができます
書くほどつながり、途端に人生面白くなります

自分に正直に生きれます

 
 
 

参加条件

定員:5名

サービス開始:4月から

参加費:165,000円(4月特別価格)

■支払い方法

◎一括の場合:銀行振込 or PayPal支払い

◎分割の場合:PayPalでの支払い(クレカもしくは、引き落とし口座登録)

 
 
 

お申込みはこちらをクリック

 

 

お申込みの前に相談をしたい方
個別相談120分(無料)

 

 

 

 

Q&A

 

 

Q, 全くの素人なんですが、大丈夫ですか?

 

A,
もちろん、大丈夫です。
技術的や知識の部分は私が指導します。

 

でも「本気でやる!」っていう『気持ち』は必須ですので、
よろしくお願いします。

 

Q,
すべて手書きじゃないとダメですか?

A,
一枚だけ手書きしてコピーする。メッセージだけ手書きにする。

または宛名はシールなどで
あなたにあった方法をサポートします。

業種や郵送代の予算にもよるので
初回打ち合わせで決めていきましよう!

Q,
道具はなにが必要ですか?

A,
スタートするだけであれば、
最低限スマホ・ハガキ・ペンがあればスタートできます。

Q,
せっかくやるなら結果を出したいです

A,
私も今回
ハガキタイムをつくったのは
心も商売も繁盛していただきたい
という思いからです。

郵送代が確実にかかるのに
一人でよくわからずにスタートしても、
1通の反応もとれない現実もあります。 

 
成功談だけでなく
失敗談も数多くある経験から
サポートさせていただきます。

 

Q,
受けられるサポートはどんなもの?

A,
つながりが深まる顧客層の分析
手書きの文字やレイアウトデザインなどハウツー指導、
ハガキネタを一緒に考える、
1通目の反応分析と、方向性の調整アドバイス

リピートのしくみづくりなどなど、
お客様とつながるめのサポートをします。