1. HOME
  2. ブログ
  3. ペンで絶好調ビジネス
  4. 3つのクチコミと注意点教えます〜リピートクチコミ〜

3つのクチコミと注意点教えます〜リピートクチコミ〜

昨日、ネットで靴を注文したんですが

同封されてた納品書をみて

びっくりしました。

 

パソコンで打ち込まれた

一見、普通の納品書なんですが

商品名だけじゃなく

あることが書いてあったんです。

 

クチコミワードです。

商品名に続いて、痛くない、履きやすい、蒸れない、疲れにくい、歩きやすい、ペタンコ、楽チン、フィット、歩行、職人、履き心地、機能性など

 

ところで幼い頃、

伝言ゲームというのを

チームに別れてやってたけれど。

 

最後の人に伝わる時は

全く違うメッセージに

なることがよくあって。

 

 

けど

こうやってキーワードを

書いてあげるだけで

クチコミはシンプルかつ

正確に伝わるなと。

 

じっさい、私も

上記のキーワードで

幼馴染にこの靴の

クチコミされたなと。

 

 

ただクチコミにも種類もあります。

1.養殖クチコミ

人がクチコミをする理由は、3つあるんですが、1つめ目は「人にお願いされたとき」のクチコミです。これを私は、養殖クチコミと呼んでるんですけど。人工的に育て増やしていくクチコミです。いいクチコミや数が多いと、お客さまが安心して商品・サービスを買いやすくて。親切と言えば親切、さらに宣伝や安心の実績にもなりますしね。

 

ただ中には、怪しものも出回っています。少し前にも、友人があるDVDをSNSでクチコミ紹介してました。仲間が開発したものらしく、とても良い紹介文だったので、すっかり私も欲しくなって「あれ買うねーっ」とメールをしたところ、戻ってきた返事に目を疑いました。

「買っちゃダメだよ!頼まれたからSNSで紹介しただけなの。キミクルが買っても、学べる内容は一つも入ってないよ」と。スパと止められたのです。え!

 

それからと言うもの、何か買う前にはクチコミの「元」に直接確認するようになりました。今のところ8割が、書いてたことの反対のことをいっています。

 

え!!

 

この経験を踏まえ、養殖クチコミは、ありがたいものもあるし、操作されてるものもあるので鵜呑みにできないことを学びました。

養殖クチコミ=人口的にクチコミを育て増やすこと。

 

2.天然クチコミ

人がクチコミする理由。2つめ目は「人に自慢したいとき」です。これを私は、天然クチコミと呼んでいます。とにかくいいものを見つけたので、自慢したくて仕方ないクチコミ。これは増えるといいですね。

ただ、これにはクチコミ側にデメリットがあります。「これすごくいいの!」と言った時に、何を言われるか分からないということ。人は自分を否定されるのを嫌うので、わざわざリスクを背負ってまで、積極的にクチコミするのは少人数となります。そもそも、一般的に良いクチコミは広がりにくいけど、悪いクチコミは広がりやすい傾向にあるんだそうです。

3.リピートクチコミ

人がクチコミする理由。3つめ目は「自分で反芻(はんすう)してるとき」。これを私は、リピートクチコミと呼んでいます。人にクチコミするたび、話してる自分が商品に詳しくなり、愛着がわき、どんどん自分のクチコミ情報で影響を受けるパターンです。

この場合、企業商店さんがリピートするキーワードなどを提供していると、さらに思いが通いやすくなります。それが今回の靴。

 

秘書検定とか受けた時は

タブーだったと思うけど。

 

納品書も

こんな使い方があるんだなと

発見したのでした。

クチコミキーワードからのクチコミリピートで

長いお付き合いを育てて参りましようー

 

 

 

関連記事

最新の記事